当協議会は、平成26年4月に衆・参超党派による「地域コミュニティ再生議員連盟」(会長 鴨下一郎衆議院議員)が設立されましたが、当議連と企業・団体との意見交換会、及び勉強会等によって協議された基本活動方針に基づき、これを実践する社団法人として設立されました。
●企業・団体との意見交換会(ランチミーティング)を開催(2014年6月4日)
2014年6月4日(水)12時より、ザ・キャピトルホテル東急において、「地域コミュニティ再生議員連盟」と企業・団体との意見交換会(ランチミーティング)を開催され、議員46名・企業・団体32名(合計78名)の方がご出席されました。
●地域コミュニティ再生議員連盟 勉強会を開催(2015年3月24日)
2015年3月24日(火)12時40分より、衆議院第二議員会館 第1会議室において、地域コミュニティ再生議員連盟 勉強会を開催し、87名の議員および民間参加者6名、合計93名の方々にご出席いただき、当議連 鴨下一郎会長の挨拶に引き続き、民間企業における活動報告および出席議員、民間企業各位による質疑応答・議論が活発に行われました。
当議連 鴨下会長より、地域コミュニティの重要性を再認識し、民間の活動報告も交え、勉強会を開催する旨、挨拶が行われ、当議連顧問野田毅衆議院議員および江田五月参議院議員が挨拶、また「郵便局の新たな利活用を推進する議員連盟(略称 郵活連)」事務局次長でもある柘植芳文参議院議員より現状等についての説明が行われました。
本勉強会において、少子高齢化社会・労働力不足等の現状を踏まえ、地域コミュニティの再生を図るキーワードとして「縦軸から横軸への変革」が必要不可欠であることが確認されました。